体臭が納豆臭い!原因は?もしかして病気!?

体臭の種類はひとそれぞれといわれますが、体臭が納豆臭いと困りますよね。そこで、体臭が納豆臭くなってしまうのはどうしてなのか、原因や体臭と納豆の関係などについてご紹介したいと思います。

体臭が納豆臭い原因は?

体臭が納豆臭いという場合、その原因はなになのでしょうか?体臭が納豆のようなにおいがするという理由の一つに雑菌の活動ということが挙げられます。

 

汗をかくと皮膚についている皮脂や垢が分解され、それが体臭の原因になるのです。そして、このような分解活動を行っているのが肌に入る雑菌なのです。

 

雑菌の活動は、気温や湿度が高くなる夏に活発化して、汗をかくことで納豆のようなにおいが生じると考えられるのです。

 

また、汗腺から分泌される皮脂も原因の一つです。例えば、アポクリン汗腺などから出される汗に混じっている皮脂も皮膚に入る雑菌によって分解されます。その時に生じるのが納豆のような臭いといわれています。

 

そして、皮脂が過剰に分泌される乾燥肌の人も皮脂が雑菌によって分解されると納豆のような臭いが生じたりする場合があるなど、様々な理由で体臭が納豆のようになるといわれているのです。

体臭が納豆臭いのは病気のせい?

体臭が納豆のような臭いになっているという場合、汗がネトネトしているのではないでしょうか。つまり汗がネトネトした状態になっているのが納豆のような臭いの原因といわれているのです。

 

ではどうして汗がネトリとした状態になっているのでしょうか。その理由は、汗にミネラルが混じっているからということだといわれています。

 

通常より多くのミネラルが排出されている時には、汗がネトネトしていてベタベタした汗を快苦ということなのです。つまり、汗のミネラル濃度が高くなっているということなのです。

 

その要因は、汗をかかない生活習慣なのです。運動不足だったりすると、汗をあまりかく機会がありませんよね。汗をかかないと汗を出す機能は弱くなっています。

 

つまり、部分的にしか汗腺が働いておらず、発汗が十分でないないという状態なのです。

 

汗腺が十分に機能していないと体に残る老廃物の量は増えてきます。老廃物が体に残ることで体臭が起こるのです。

 

運動不足になると生活習慣病のリスクが高まります。また食べ過ぎも生活習慣病のリスクを高めてしまいます。つまり、納豆のような体臭がすることで生活習慣病の可能性も考えられるのです。

体臭の納豆臭さを改善する方法

自分の体から納豆のようなにおいがすると悩んでいる人はいるのです。ではどのようにそんな体臭をケアしていったらいいのでしょうか?

 

体臭が納豆のようだという場合、運動不足や食べ過ぎによって生活習慣病のリスクが高くなっているということが考えられるのです。

 

カロリーが低くて健康にいい食べ物を食べて、積極的に運動をすることがおすすめです。そして、食品としておすすめのものの一つが納豆なのです。

 

低カロリーで健康にいい納豆は、体から出る納豆のような臭いを予防してくれるというメリットもあるのです。

 

また、運動を行って、全身にある汗腺に働いてもらうことで、老廃物が身体に残りにくいようにしましょう。発汗機能を活発にすることで老廃物が身体に長く残らず、汗となって体外に排出されることで納豆のような気になる体臭が生じにくくなるということなのです。

体臭と納豆の関係まとめ

体臭が納豆臭いという場合、その原因には雑菌の活動や乾燥による皮脂の分解ということが考えられます。また、運動不足などで生活習慣病のリスクなどが高くなると汗をかくと納豆のようなにおいが生じてしまうという場合もあります。

 

できるだけ食生活に気をつけ、適度な運動を行っていくことで汗のにおいを改善していきましょう。