コーヒーは口臭の原因になる?予防ポイントをまとめました!

世界中で愛飲されているコーヒー。朝仕事に行く前に一杯、休憩中に一杯、友人とおしゃべりするときにいっぱい、と日々の生活に楽しみを与えてくれる飲み物です。

 

しかし、コーヒーを飲んだ後に口臭が強くなった、という人も多いもの。一方でコーヒーは口臭や体臭予防になる、という声も。ここでは、コーヒーと口臭の関係についてお伝えします。


コーヒーで口臭が強くなる原因とは?

コーヒーを飲んだ後に口臭がつよくなる、という現象にはしっかりと理由があります。大きく関係しているのは、コーヒーを飲んだ後に起こりやすい「唾液の減少」と「口のなかの汚れ」です。

 

利尿作用

コーヒーに含まれている成分の代表格といえば「カフェイン」。コーヒーを飲んだ後、トイレが近くなった経験のある方は多いでしょう。

 

これはカフェインの利尿作用によるものです。水分が排出されやすくなり、体は水分不足になり、口内の殺菌や潤いを維持してくれる唾液の分泌量も減り、口の中に細菌が繁殖しやすくなり、イヤな臭いもしやすくなります。

 

覚醒・興奮作用

カフェインを飲んだ後に目がシャキッとする、眠気が冷めることってありますよね。勉強中や仕事中はこうした作用を目的にコーヒーを飲まれる方も多いでしょう。

 

カフェインには活動の神経とよばれる「交感神経」を活性化させる作用があります。交感神経とは、副交感神経と交感神経から自律神経のうちの一つであり、心身を覚醒させる作用があります。

 

昼間の活動時は交感神経が優位になり、夜の睡眠時は副交感神経が優位となるのが正常な自律神経のサイクルです。

 

過度に交感神経が優位になると唾液の分泌が減ります。緊張しているときや忙しいとき、口臭が強くなることがあります。これは交感神経が優位になり、唾液の分泌が減ることによるものなのです。

 

血行をわるくする

コーヒーを飲むと血行が促進されるとよく言われますが、飲み過ぎてしまうと逆に血行不良となるおそれがあります。

 

コーヒーにはカフェイン以外にもさまざまな成分が含まれています。そのうちのひとつである「クロロゲン酸」は鉄分と結合しやすいという特徴があり、赤血球の成分である鉄を消費しすぎてしまい、血行不良を引き起こす原因となるのです。

 

また、先ほどもお話しましたとおり、カフェインには利尿作用があるため、体の水分量を減らすため、血液の流れもわるくします。その結果、口内の酸素量や唾液量が減少していき、細菌が繁殖しやすい口腔環境となり、口臭が強くなってしまいます。

 

コーヒーに含まれる砂糖やミルク

ブラックコーヒーが好きな人もいれば、砂糖やミルクが入ったほどよい甘さのコーヒーが好きな人いることでしょう。

 

砂糖やミルクが含まれたコーヒーは、それら成分の微粒子が歯や歯茎、舌に付着することになります。それら微粒子は時間がたつと、細菌により分解されます。この分解の過程でもイヤな臭いが放たれます。

 

空腹時の胃酸

食後にはコーヒーがいい、と言われるのはコーヒーが胃酸の分泌を促すからです。胃の中の食べ物の消化を助けるためにも、胃酸を出すコーヒーを食後に飲むのは理に適っています。

 

しかし、胃のなかに食べ物が何も入っていないスカスカな状態でコーヒーを飲んでしまうと、消化物がないにも関わらず、必要以上に胃酸が分泌されてしまい、胃を傷つけてしまいます。その結果、胃からイヤな臭いが放たれ、口臭の原因となることがあります。

コーヒーの口臭の予防方法

コーヒーが口臭の原因になるといわれても、カフェの楽しみ、食後の一杯の楽しみ、ヤル気をだすためのミカタでもあるコーヒーの習慣をやめることは難しいものですよね。そこで、コーヒーを飲みながらでも、気をつけることで口臭予防ができるポイントをご紹介します。

 

コーヒーを飲みすぎない

コーヒーは飲む量は1日2〜3杯までに抑えるようにしましょう。コーヒーによる口臭が強い人は、大抵コーヒーを飲む量が人一倍多いという共通点があります。

 

コーヒーを飲むのは朝と夕方だけ、というように自分で飲む時間や量をコントールしていきましょう。

 

コーヒーはできるだけブラックで飲む

砂糖やミルクなどは歯や歯茎、舌にh着して臭いの原因になりやすいです。そのため、甘いコーヒーが好きな人はおもいきってブラック派に切り替えてみるというのもひとつの手です。または、入れる砂糖やミルクの量を少なめに調節していくことで、口臭予防に繋がります。

 

特に注意したいのは缶コーヒーが好きな方です。缶コーヒーは香りや風味を強くする糖質や甘味料がふんだんに使用されていますので、ドリップやインスタントコーヒーと比べると口臭が強くなる可能性が高くなってしまいます。

 

ガムを噛む

甘いガムではなく、キシリトール配合の口臭予防ガムを選ぶのがポイントです。ガムを噛むことで、唾液を促す効果、自律神経を整える効果などが期待できますので、口臭予防にも一役買ってくれるでしょう。

コーヒーと口臭の関係まとめ

私もコーヒーは大好きで、カフェで飲んだり、自宅で飲んだり、会社で飲んだりとすっかり中毒気味です。

 

だからこそ、コーヒーを飲まない人より口臭予防はしっかり行わなければならないと思っています。イヤな口臭をふりまいて回りの人にスメハラをするわけにはいきません。

 

ここで紹介したコーヒーによる口臭の予防ポイントをしっかり抑え、まわりの人のためにも口臭対策をしっかりと行っていきましょう。