耳の裏が臭い!おすすめボディソープ&クリーム

自分の体臭にはなかなか気づきにくいものですが、その中でも特に注意をしたいのは耳の裏の臭いです。

 

ご自身の耳の裏を指でこすり、指先の臭いをかいでみてください。「イヤな臭いがする!」という方も多いと思いのではないでしょうか。ここでは、耳の裏が臭い原因やその対策をお伝えします。

耳の裏が臭い原因とは?

皮脂腺

耳の裏には肌の天然のクリームともいえる皮脂を分泌する皮脂腺が集中しています。皮脂は肌の常駐菌と混ざり酸化するとイヤな臭いを放ちます。耳の裏は皮脂線が多いため、それだけ臭くなりやすくなります。

 

洗い忘れしやすい

お風呂で髪の毛をしっかりと洗っても耳の後ろは洗い忘れているという場合もあります。洗い落とされずにたまった皮脂がイヤな臭いを放ちます。

 

粉瘤ができやすい

粉瘤とは皮膚の下に角質や皮脂などがたまってできるイボのようなものです。毛穴があるところならばどこでも粉瘤ができる可能性があります。

 

放置すると悪臭を放つことがあります。粉瘤のできやすさは体質などに影響をうけます。粉瘤は皮膚科等で取り除くことができます。

耳の裏の洗い方とは?

皮脂線の多い耳の裏は、お風呂に入ったとき忘れずに洗うようにしましょう。耳の中も湿って雑菌が繁殖しやすいので忘れずに洗うようにしましょう。

 

洗う際はゴシゴシと強く洗うのではなく、洗顔フォームでしっかり泡立てて泡で洗う気持ちで洗います。泡のすすぎ残しは臭いの原因となりますので気をつけましょう。

 

耳の回りにはさまざまなリンパ官やツボが密集しています。老廃物のデトックスすることもかね、マッサージするつもりで洗っていきましょう。

耳の裏の臭い対策・改善におすすめのボディソープ

耳の裏の臭いことに困っている方は、殺菌・抗菌力の高いボディソープで洗ってみることをおすすめします。

 

ボディソープを選ぶ際に注目したいのは、どのような臭い対策成分が含まれてるかということです。

 

耳の裏を臭くする原因である「ノネナール(皮脂と過酸化脂質が結びつき作られる臭い物質)」に効く成分が含まれているものを選ぶことが大切です。

 

加齢臭・体臭対策『デオラ』

加齢臭の原因を科学したデオドラントソープです。臭いを出す物質であるヘキサデセン酸、臭い物質を増やす皮膚常駐菌、加齢臭の原因物質ノネナールの3つを除去、抑制する成分が配合されています。抗酸化成分ポリフェノールが含まれているため皮脂の酸化を防ぎます。泡立ちがよく、香りもさわやかで使いやすいのがポイントです。

 



耳の裏の臭い対策・改善におすすめのデオドラントクリーム

電車やエレベーターのなか、会議中も気になる耳の裏の臭いは、普段の生活にも支障がでてしまいます。

 

そこでおすすめしたいのがデオドラントクリームを使用し、とりあえず臭いを抑えることです。デオドラントクリームは香りで誤魔化すものではなく臭いを発生させる原因物質を抑えるタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

オドバン・デオドラントバーム

薬用成分と微香シトラスのダブルケアをするタイプのデオドラントクリームです。毎日頭を洗っても耳の裏が臭い、という方は普段から臭いケアが必要になりますよね。そのときに使用したいのがデオドラントクリームです。

 

オドバンのデオドラントクリームは、より強い香りでニオイを誤魔化すのではなく、臭いの原因物質の働きを抑制する柿タンニン、重曹、ローズマリーなどが配合されています。「何かつけてる」と回りから思われることなく、自然なさわやかな香りを身にまとうことがきるのが他のデオドラントクリームとの違いといえるでしょう。

 



耳の裏の臭い対策は食生活にも注意を

タンパク質や脂肪分が多い食事は耳の裏の臭いを強くします。耳の裏の臭いのもとをたどれば、それは皮脂によるものです。

 

皮脂はタンパク質や脂肪分の多い食事を摂ると増えていきます。皮脂が増えれば、それだけ臭い物質が多く作られてしまいます。

 

耳の裏の臭い対策として、食事は食物繊維や大豆製品などを積極的に摂ることが大切です。大豆製品には植物性エストロゲンとう女性ホルモンと同じような働きをする栄養成分が含まれ、皮脂の分泌を抑制してくれる働きがあります。

耳の裏が臭い!原因や対策まとめ

耳の裏の臭いの主な原因は「ノネナール」です。そのため皮脂や活性酸素のケアが重要となります。

 

特に気をつけたいのが40歳を超えてからです。皮脂がノネナールに変わりやすくなり、臭いが強くなってきます。これがいわゆる加齢臭というやつです。

 

耳の裏が臭い場合は殺菌、抗菌作用の高い石鹸を使ってみたり、デオドラントクリームで臭いにフタをすることがおすすめです。

 

気持ちよく毎日をおくるためにも、体臭対策はしっかり行っていきましょう。