肉食、糖質制限は体臭を強くする?

程度にもよりますが、お肉を食べすぎると体臭は強くなります。動物性の脂質を多く摂ると、皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が増加します。体臭の元は雑菌の繁殖と皮脂の酸化です。皮脂分泌が増えれば、当然体臭もきつくなってしまいます。

 

また、動物性のたんぱく質の摂りすぎが問題な点は、皮脂腺を刺激するだけでなく、消化するのに時間がかかるということです。

 

動物性のたんぱく質は腸内に長く留まりやすい性質があり、これが分解されるとアンモニアになり、血液に運ばれて汗に出ます。ツンとするようなアンモニア臭が強くなり、ニオイのする汗が出るようになるのです。

 

肉をたくさん摂り、野菜などの食物繊維が不足すると、腸内で腐敗し、おならや口臭が臭くなることがあります。つまり、過度な肉食は体臭を強くしてしまうのです。

食生活は栄養バランスに気をつけて

お肉を食べすぎると体臭が強くなりますが、まったくお肉を食べない、というのもよくありません。赤身の肉には、体に必要なビタミンB郡や鉄分が豊富に含まれています。これらの栄養素は女性ホルモンを作る原料となるものです。

 

しかし先ほどもお話したとおり、お肉を食べすぎてしまうと体臭や口臭が強くなります。そこで、お肉ばかりをとるのではなく、魚や卵、植物性タンパク質を含む大豆製品などのをバランスよく摂るようにしましょう。

 

多く当てはまる人は体臭リスクが高いので注意!
  • 朝食はほとんど食べない
  • 餃子、ハンバーグ、肉団子は好物
  • 焼き魚はあまり食べない。唐揚げをよく食べる
  • 外食やコンビニ弁当が多い
  • 便秘気味である
  • 夜遅くに食べることが多い
  • 自分のおならが異常にくさい
  • 野菜や魚が苦手であまり食べない

糖質制限 体臭 (独自のダイエット臭)

通常、人の活動に使用されるエネルギーは三大栄養素のひとつである糖質です。糖質制限ダイエットとは、糖質をとらず、体内の脂肪を燃焼させて痩せるというダイエット方法です。

 

しかし、ここでひとつ注意しておきたいことがあります。極端なカロリー制限で炭水化物やたんぱく質が不足すると、体は中性脂肪を燃焼してエネルギーに変えようとします。

 

この過程で生成されるのがケトン体という独自の甘酸っぱいような苦いようなニオイのする物質です。このケトン体の放つニオイはケトン臭と呼ばれています。糖質制限ダイエットにより、ケトン臭が体からし、体臭が強くなります。

 

また、飢餓状態で代謝が低下した体が、エネルギーを生み出そうと不完全燃焼を続けると、乳酸が産生されます。乳酸はアンモニアと一緒に汗と出る性質があります。そのため、体からツンとしたアンモニア臭もするようになります。

 

ダイエット臭のチェックリスト
  • 現在、糖質抜きダイエットはしている
  • あと3キロは痩せたい、と常に思っている
  • 〇〇だけダイエットをやったことがある
  • 〇○抜きダイエットをやったことがある
  • 食べないダイエットで激ヤセしたことがある