汗が臭い原因と対策は?女性は注意!

運動した後にかく汗、不安や緊張をした後にかく汗、暑いときにしたたる汗、このように汗が出るタイミングはさまざまです。

 

サラサラと流れるようなさわやかな汗ならばいいのですが、問題はベタベタと肌にまとわりつき、さらに時間が経つと臭いニオイを放つ汗です。

 

こうした汗の臭いニオイは満員電車やエレベータの中で、周りの人にも迷惑がかかってしまいかねません。エチケットのためにも汗の臭いニオイは改善したいものです。ここでは汗が臭い原因と対策についてお話します。

汗が臭い原因とは?

汗をかきなれていないとベタベタとした臭い汗が出てきます。汗腺はエクリン腺とアポクリン腺という二つの種類があります。

 

エクリン腺とは?

エクリン腺は体温調節の役割をする汗であり、約99%は水分です。そのため本来はサラサラした汗がでます。時間がたち雑菌が繁殖したら体臭の原因となりますが、エクリン腺から出る汗腺自体はほぼ無臭です。

 

アポクリン腺とは?

アポクリン腺は体臭の原因となる汗がでます。たんぱく質や脂質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸、色素成分などを含んでいるため、衣類の黄ばみの原因にもなります。シャツの黄ばみもこのアポクリン腺の汗によるものです。わきの下や耳の後ろ、陰部などに多い汗腺です。

 

ベタベタした汗とサラサラした汗の違いは?

普段汗をかく機会が少ないと汗腺の機能はどんどん低下していきます。運動や入浴でこまめに汗をかいている人は汗腺が鍛えられているためサラサラな汗がでますが、汗腺がうまく機能していないと老廃物やミネラルの多い汗が出て来るため、イヤな臭いを発生させます。

 

汗の種類
  • 温熱性発汗……体温調節のためにでる汗。
  • 精神性発汗…緊張したり驚いたときに出る冷や汗。手のひらや足の裏、腋の下などに出やすい
  • 味覚性発汗…辛い物や熱いものを食べたときにでる汗。鼻や額にでやすい。

 

汗をかきやすくなる状態
  • 冷えによる血行不良
  • 運動不足による汗腺の衰え
  • 生活リズムの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ

汗が臭いときの対策とは?

汗の臭い対策の基本は汗を放置しないことです。汗の種類は無臭の汗であるエクリン汗腺と、臭いが強くなるアポクリン汗腺の2種類があります。

 

汗の臭いとは、放置された汗により雑菌が繁殖することで発生します。つまり、汗を放置しないことが汗の臭いを出さないためには重要なのです。

 

汗はこまめに拭く

汗を放置しないために、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。雑菌が繁殖して汗臭いニオイを出すまで約1時間かかります。こまめに汗をふきとることで、雑菌の繁殖を予防することができます。

 

ただし、ただ汗を拭き取ればいいというわけではありません。汗を拭き取る際に注意したいことは、乾いたタオルは使わないということです。

 

汗を完全に拭き取ってしまうと肌が乾燥してしまいますすると余計に汗をかいてしまいます。タオルで汗を拭くときは完全に拭き取るのではなく、適度な水分を肌に残すように拭くことを心がけましょう。

 

吸水性、速乾性に優れた服を着る

普段着る衣服の素材も汗をためないために大切です。汗をかきやすい人が避けたい服の素材はポリエステルです。ポリエステルの繊維には水分が留まり易く、脇汗などが溜まりやすくなります。

 

では綿はどうでしょう?綿は吸湿性が高いのですが、速乾性はイマイチ。このように素材に汗をかきやすい人には不向きであったり、一長一短があったりします。

 

最近では多くの衣料メーカーから「吸水性」「速乾性」の両方に優れたものが販売されています。汗をかきやすい人はできるだけこれらの汗をとどめない衣服を着用するようにしましょう。

 

また、細身のものではなく、できるだけゆったりとした風通しのよいデザインのものを選ぶことも大切です。

緊急時に役立つ汗の抑え方とは?

人と会うときや人前に出るときなど、汗がとまらなくて困ったというとき、一時的に汗を抑える方法があります。汗をピタリと止めることは困難ですが、部分的に刺激を与えることで一部の汗を抑えることは可能です。

 

上半身の汗を抑えたいときは、両方のバストの5cmあたりを親指で強く圧迫します。これで顔周辺の汗が一時的に止まります。また、下半身の汗を止めたいときは、左右の腰あたりを親指で強く圧迫してみましょう。

もしかして多汗症?特徴まとめ

以下のようなことに当てはまる方は多汗症である可能性があります。

 

衣類のワキの下に汗じみがよくできる

ワキガの原因とも言えるアポクリン汗腺からの汗は蛍光色で濁っています。また、皮脂腺からの分泌物にも色素が含まれています。

 

対してエクリン汗腺から出る汗は透明です。つまり、黄ばみがかった汗ジミは、アポクリン汗腺が活発故に出ているといえます。

 

冬でも汗をかく

エクリン汗腺から出る汗の最も重要な機能は体温調節と皮膚の乾燥防止です。それゆえ、本来気温の低い冬に大量の汗をかく場合、多汗症の疑いがあります。

 

緊張や興奮をすると汗ばむ

緊張や興奮をしたときに汗をかくのは自然なことです。ただし、問題はその量。ダラダラと流れるほどの汗が出るのであれば、多汗症の可能性があります。

 

靴や靴下がにおう

足の裏には汗腺が多くありますが、その大半はエクリン汗腺です。このため本来、足の裏はほぼ無臭となります。しかし、靴の中で蒸れて細菌による汗などの分解が始まると、イヤな臭いが出てきます。

まとめ

アポクリン汗腺が出る汗はさまざまな物質が含まれているため雑菌が繁殖しやすく臭い汗になります。また、汗腺機能が弱まっているとミネラルや老廃物を多く含まれるベタベタとした臭い汗が出てきます。

 

臭い汗を防ぐためにも、汗はこまめにふき取り、運動や半身浴で汗腺機能を鍛えていきましょう。