体臭を改善する食べ物とは?

脂っこいものを食べた翌日にニキビができたり肌荒れが起きた経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

食生活の偏りは、見た目に反映されるだけでなく、体臭にもあらわれます。ここでは体臭を改善する食べ物をまとめました。体臭を改善したい方はぜひご覧ください。

ビタミンA・C・Eなど

活性酸素を無効化するための抗酸化のカギとなるのがビタミン類です。とくに積極的に摂りたいビタミンはビタミンA、C、Eです。

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため炒めたりドレッシングと合わせて摂ること効率よく吸収することができます。ビタミンCは熱に弱いという特性があるため加熱せずフレッシュな状態で食べるのがベストです。また、水溶性ビタミンであるため水にさらされると、成分が溶け出しますので注意しましょう。

 

ビタミンEは高い抗酸化力により活性酸素を無効化し、加齢臭の原因物質であるノネナールの生成を抑制してくれます。体臭予防・改善のために積極的に摂っていきましょう。

 

ビタミンA・C・Eを含むおすすめの食品

ビタミンA……パセリやにらなどの緑黄色野菜
ビタミンC……ピーマン、ゴーヤ、レモン、イチゴ小松菜、ほうれん草など
ビタミンE……ルーベリー、ほうれん草、アボカド、かぼちゃ、玄米など

食物繊維

食物繊維には腸内をデトックスする効果があります。老廃物や腐敗物質の排出をサポートし、腸内環境を整える効果があります。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

 

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維は糖質やタンパク質の吸収をゆるやかにしたり、腸のぜん動運動を促進して排便を促したりする作用があります。果物や海藻類に多く含まれています。

 

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は便のカサを増して腸によい刺激をあたえます。根菜類やきのこ類、豆類に多く含まれています。

 

食物繊維が豊富な食べ物
  • 野菜……さつまいも、里芋、オクラ、ごぼう、茹でたたけのこ、ブロッコリー
  • フルーツ……リンゴ、キウイフルーツ
  • 豆類……大豆、小豆、枝豆、おから
  • 乾物……切り干し大根、干しひじき、干ししいたけ、干し柿
  • 穀物……オートミール、押し麦

大豆製品

たんぱく質は健康のために大切ですが、お肉の食べ過ぎは皮脂分泌を増やし体臭を増加させます。そこで食べたいのが植物性たんぱく質が含まれている大豆製品です。

 

大豆製品は植物性たんぱく質や食物繊維が豊富であり、さらに女性ホルモン・エストロゲンと同じような効果のあるエストロゲンのも豊富に含まれています。

 

イソフラボンには皮脂分泌を抑制したり、活性酸素を無効化する作用がありますので体臭予防・改善のために積極的に摂っていきましょう。

お酢

お酢や梅干しなどのすっぱい食品には、クエン酸が多く含まれています。

 

体内にクエン酸を補給することで乳酸という疲労臭の原因となる物質の増加を抑え、ツンとした汗の臭いを抑えることができます。

 

リンゴ酢や黒酢を飲んでみる、梅干しを1日1個は必ず食べるなど、酢のものを食事にうまく活用してみてください。

和食

和食には豆類や根菜類、海藻類、野菜がバランスよく含まれています。

 

また、和食にはぬかみそや納豆、味噌、しょうゆ、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品が多く含まれているのもポイントです。これらの発酵食品には乳酸菌や酵素がたっぷり含まれています。

 

腸内環境が整い体臭予防・改善にも効果があります。

フルーツ

キウイやパパイヤ、パイナップルなどの南国系フルーツには、たんぱく質を分解する酵素が多く含まれています。

 

フルーツはお肉を多く摂る人に特におすすめです。フルーツは胃腸に長くとどまりがちなタンパク質の分解を助け、消化を促します。

 

フルーツの中でもおすすなのは、手軽に手に入り、栄養豊富であるバナナです。バナナには、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどの必須アミノン酸が豊富に含まれています。

 

また、バナナにはビタミンB6やアミノ酸など、肌の健康と美容を保つ栄養素が豊富に含まれます。皮脂の分泌が激しくて、フェイスラインやデコルテにニキビが多い女子におすすめです。

まとめ

以上に紹介したものが体臭予防・改善のために食べたいものです。体臭予防・改善のためには、皮脂分泌を抑える食べ物、活性酸素を無効化する食べ物を中心に摂っていくことが大切です。

 

これらの食べ物は体臭予防・改善だけでなく美肌やアンチエイジングにも効果的です。ぜひ積極的に摂っていってください。